肺がんの番人のページ、肺がんになりたくなければ、御覧下さい。

FrontPage

肺がんの手術とはどんなものでしょうか

肺がん検査

レントゲンは胸部X線検査とも呼ばれ、一般によく知られている肺がん検診の方法の一つで、人間ドックや一般の肺がん検診などで良く使われている検査方法ですが、他の臓器の影となって見えにくい部分は発見しにくいという欠点もあります。また喀痰細胞診という別の方法での検査もあります。そして立体的なCT画像を撮ることにより、肺がんを検診する方法もあります。

 肺がん手術の傾向

肺は数多くある人間の臓器の中でも生命の維持に直接影響を与える臓器です。

手術後の機能障害を避けるという考えから、近年では、可能な限り小さく切り取るという機能温存手術の方向に進んでいます。その一例として、例えば肺の入り口にできる中心型のがんは、以前では片側の肺を全部切り取るという事もありました。


肺がん写真

こういうケースでは、患者に与える負担が大きいという欠点観点から、最近では病巣のある気管支と肺葉だけを切除して、残りの健康な肺と気管支をつなげる「気管支形成術」という肺がん手術を行うケースが多くなってきています。

でも、肺がんの手術は、あくまでも、がんに侵された部分を切除して、さらに肺門や気管近くのリンパ節をすべて取り除いてしまうというのが原則です。


リンパ節を取り除く目的は、リンパ節の流れにのった、がん組織が全身へ転移しやすいからです。


WHATS NEW

・ 9月13日 肺がん&化学療法の内容を一部修正しました
・ 9月6日 TOPページの文章を一部変更
・ 8月29日 肺がんの末期症状に記事を追加
・ 8月22日 肺がんの末期症状をメニューに追加
・ 8月16日 肺がん検査の項目をトップページに追加
・ 8月 3日 BBS7に参加
・ 7月26日 トップページの内容変更
・ 7月18日 全ページのレイアウトを変更しました
・ お気に入りリンクの追加 link1 link2 link3 link4 link5

Powered by SEO Stats
BBS7.COM
MENURNDNEXT


a:32260 t:2 y:7

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional